障がいのある人たちが地域の福祉事業所において
ひとつひとつ丁寧に製品を手づくりしています
このぬくもり質のよさを、ぜひお確かめください

本格芋焼酎「とどのいも子」

本格芋焼酎「とどのいも子」

価格:1,500円(税込)

※表示の価格は、福祉事業所での小売価格となります。

[ 概要 ]

新しい事業を模索してきた私たちが取り組んだのが、この焼酎造りです。「自分たちで酒を造ってみたい。できたらすごいと思う。夢を感じる。」 「障害をもっていても、ビン洗い、イモ洗い、ラベル貼り…いっぱいできるよね。」 「自分たちの作った芋焼酎をプライドをもって売る! チャレンジしたい!!」 「毎日普通に飲んでもらいたい。障害者がつくる特別品ではなく、一般商品として売れる焼酎にしたい。」 などなど、さまざまな思いをこめて、2008年5月、「黄金千貢」の第一回苗植えをおこないました。

商品名は、印象に残るもの、手を伸ばしてみたくなるものをポイントに意見交換をおこない、ピロス就労継続事業の前身である「とど授産所」への愛着もこめて、「とどのいも子」と名付けました。

11月下旬の芋掘りでは、それまでの苦労を栄養にした大きなサツマイモ「黄金千貢」に大歓声があがりました。(現実は、肥料等の不足で計画数量には届かず、芋作りの難しさを痛感した一年目でした。) 12月初旬、藤枝市の杉井酒造に2トンの黄金千貢を搬入し、焼酎醸造が始まりました。イモ洗い、選別には障害者も参加し、一般企業の雰囲気も味わいました。醸造期間1ヶ月を経て蒸留、その後6か月の熟成の後、2009年夏から販売を開始しました。真夏の水かけ、雑草取りに汗を流し、我が子のようにひとつひとつのサツマイモを丁寧に掘り起こし、新鮮さを大切に、素早く醸造所へ搬入しました。自分たちで洗って、不要な部分を取り除く処理をし、ビンのラベルは牛乳パックをリサイクルして作りました。またラベル貼り作業をした大切な焼酎「とどのいも子」です。

ぜひ、ご賞味ください

ご注意

【ご注意】

表記の価格は、直接福祉事業所でご購入頂く際の税込小売価格となります。
配送をご希望の際は、別途料金がかかります。

詳細につきましては各事業所にお問合せ下さい。

事業所情報

事業所名 社会福祉法人ピロス ピロス
エリア 中部地区
郵便番号 〒422-8065
住所 静岡市駿河区宮本町4-17
担当者名 青野
電話番号 054-654-2800
ファックス番号 054-654-2801
メールアドレス pirosu@opal.ocn.ne.jp
ホームページ http://pirosu.yo-koso.jp(外部サイト)